目隠しハガキ・個人情報保護ハガキ - よくあるご質問

目隠しをするために2ツ折にすることでハガキの厚みが増えますが、ハガキ扱いで発送できますか?

折り返しのタテタイプ、2ツ折のヨコタイプともに、ハガキ扱いで発送できます。

現在、ハガキとシールを別々で注文していますが、目隠しハガキにすることでコストは下がりますか?

コストについては、注文数によって見積価格が変わるので、一概に下がるとは言えません。
たとえば、別々の場合、返信用ハガキ(50円)と個人情報保護シールを一緒に封筒(80円)に入れ、郵送します。一通で130円のコストがかかります。
これを往復ハガキに個人情報保護シールを付けたものに変更すると、一通で100円のコストで郵送できます。さらに、ハガキとシールが一体化することで、封筒などへの封入作業や確認の手間が省け、封入漏れも防げます。

▲ このページの先頭へ